木のおもちゃ.jp内の商品を検索

スラックレール

実店舗への地図

日本の伝統玩具

家族でゲーム

外遊び特集

日本人作家のおもちゃ

アウトレット


営業日カレンダー

巣鴨本店・web店休業日巣鴨本店・web店休業日
※メールの返信もお休みさせていただきます。

巣鴨本店イベント 開催日巣鴨本店イベント 開催日

巣鴨本店は営業巣鴨本店は営業
※メールの返信もお休みさせていただきます。

木のおもちゃコンシェルジュ

おもちゃコンサルタントの資格を持つスタッフが、木のおもちゃ選びのお手伝いをいたします。
木のおもちゃのことなら何でもお気軽にご相談ください。

コンシェルジュスタッフ紹介

TEL:03-5976-0155

お問い合わせフォーム

木のおもちゃ.jp HOME > 用途・種類で探す > ゲーム > アクションゲーム > オラのお宝(Mein Schatz)|ドイツ イゲルシュピーレ(Igel Spiele)(7歳頃から)

累積するお宝を見極めつつ、お宝を運び出そう!

「オラのお宝」は、次々に累積されていく様々なお宝カードの山4つから、各自宝石を選びつつ、ひと山だけを回収し、その中に選んだ宝石がどれだけあるのかを競うゲームです。

プレイヤーは、 洞窟でお宝を掘り出すドワーフとなり、複数のお宝が描かれたカードを4つの山に仕分けしていきます。
時々出現するオークに注意しながら、頃合いを見て数種あるお宝から1つを選び、それが沢山ありそうなお宝の山を回収します。

全員がお宝の山を手にしたら、その中に選択したお宝がいくつあるかを数え、数の多い人が勝ちとなります。

記憶はどんどんおぼろげになっていくので、時には思い切りも必要に。
「えいやぁ!」と勢いで選んで撃沈したり、予想以上の成果があったりと、みんなで楽しめるゲームとなっています。

ゲームの準備

カードは、お宝カード30枚とオークカード6枚から成っています。
全てをよく混ぜて裏向きの山“宝箱”を作ります。チャレンジチップは、何のお宝かが見えるようにして並べておきます。
宝箱から引いたカードは4つの山に仕分けしていくので、そのスペースをとっておきましょう。 コインを箱にまとめたら、ゲームスタートです。

ゲームの手順

お宝は、ブレスレット・指輪・金貨・霊薬・ダイヤ・剣の6種あります。
お宝カードには、オールマイティであるネズミを含めた7種の内、複数個が描かれています。
例えば、金貨2枚と剣1本のカードや、指輪2個とネズミ1匹とブレスレット1個のカード、などがあります。

まずは、この宝箱からカードをめくり、お宝を分けていきます。

手番がきたら、宝箱からカードを1枚めくり全員に見せます。
お宝カードであれば、4か所あるカード置き場のどこかに置きます。すでにカードがある箇所に置く場合は、下のカードが見えないよう重ねて置きましょう。
もしもオークが出たら、お宝とは別にしておきます。こちらは、何匹のオークが出たのか分かるよう並べておくと良いですよ。

仕分けを続ける中で、各自頃合いを見て、お宝の山を1つだけ運び出します。
手番でカードを引かず、チャレンジチップのお宝を1つ選んで、その宝物が沢山入っていると思われる山を運び出すのです。
お宝を運び出した時点でその人のプレイは終了となるので、全員がお宝を運び出すまで見守っていましょう。

全員がお宝を運び終えたら、自分が運び出したカードの山に、自身が選んだ宝石がいくつあるかを数えます。
この時、オールマイティのネズミも1つとして数えることができます。例えば指輪のチャレンジチップを選んだ際に、運び出したカードが5枚で、そこに指輪が全部で5つ、ネズミが2匹えれば、得点は7点となります。
より多くの宝石があったプレイヤーは、金貨を1枚獲得できます。そして1位の人と1個差の人は銀貨2枚、2個差であれば銀貨1枚獲得となります。それ以下の場合は、何ももらうことができません。

このコインは、銀貨3枚=金貨1枚に両替可能です。
ここまでを1ラウンドとして繰り返していき、誰かが銀貨8枚以上に相当するコインを集めたら、ゲームは終了。8枚以上に相当するコインを集めた人の勝利となります。

お宝の山を運び出すタイミングは自分次第ですが、他の人が選んだお宝を選ぶことはできないため、後になるほど選択肢は減っていきます。しかし、自分がお宝を選ぶまでお宝を仕分けしていけるので、最後の人は自分の思い通りに分けていけるという利点もあります。
ただし、オークが6匹出てしまうとすぐさま逃げなければならない為、タイミングの見極めは重要です。
万が一6匹目のオークが出てしまったら、残っているチャレンジチップを裏向けにして混ぜて選ばなければならず、せっかくの仕込が無駄になる可能性もあるのです。

もしも目当てのお宝と山があるのなら、他人に運び出されたりオークが出切ったりする前に選択できるかが鍵となっていきます。
とはいえ、各自が色々な思惑のもとカードを仕分けていきます。
明らかにひとつのお宝をかためてしまうと、他の人にも狙われかねません。
ある程度分散させつつも、狙いを定める…その為、記憶もどんどん曖昧になるので、最終的には勢いで決めてしまう!ということも大いにあるでしょう(笑)

少しじっくりと、でも手軽に楽しめる内容の為、子どもから大人まで幅広い方にお勧めできるゲームです♪

オラのお宝(Mein Schatz)
オラのお宝(Mein Schatz)

オラのお宝(Mein Schatz)|ドイツ イゲルシュピーレ(Igel Spiele)(7歳頃から)

商品番号 SGR0100

価格1,944円(税込)

[36ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫確認中です。

商品についてのお問い合わせ
レビューを書く

  • ラッピングOK、同梱OK、メール便NG
  • 返品について
  • ラッピングについて
累積するお宝を見極めつつ、お宝を運び出そう!

「オラのお宝」は、次々に累積されていく様々なお宝カードの山4つから、各自宝石を選びつつ、ひと山だけを回収し、その中に選んだ宝石がどれだけあるのかを競うゲームです。

プレイヤーは、 洞窟でお宝を掘り出すドワーフとなり、複数のお宝が描かれたカードを4つの山に仕分けしていきます。
時々出現するオークに注意しながら、頃合いを見て数種あるお宝から1つを選び、それが沢山ありそうなお宝の山を回収します。

全員がお宝の山を手にしたら、その中に選択したお宝がいくつあるかを数え、数の多い人が勝ちとなります。

記憶はどんどんおぼろげになっていくので、時には思い切りも必要に。
「えいやぁ!」と勢いで選んで撃沈したり、予想以上の成果があったりと、みんなで楽しめるゲームとなっています。

オラのお宝
(Mein Schatz)
分類 ボードゲーム
対象年齢 7歳頃から
プレイ人数 2人〜4人
プレイ時間 約20分程度
内容品 カード36枚、チャレンジチップ6枚、木製コイン20枚(金・銀各10)、説明書1部
主材料 紙木紙・木
箱サイズ 縦15.5cm×横10.7cm×高さ4cm
メーカー ドイツ イゲルシュピーレ(Igel Spiele)
デザイナー オリバー・イゲルハオト(Oliver Igelhaut)


有料ラッピング(ラッピング代金は環境保護活動に役立てます)

価格 49円(税込)

お誕生日やお祝いに嬉しいラッピングをご利用くださいませ お祝いや節目にはきちんとラッピングして贈りたいもの。当店ではラッピングサービスを創業時より行っていますが、2008年夏より全面有料化にさせてい…

有料ラッピング・熨斗(ラッピング代金は環境保護活動に役立てます)

価格 79円(税込)

大切な節目に熨斗をご利用くださいませ 木のおもちゃ.jpではラッピングサービスを創業時より行っていますが、2008年夏より全面有料化にさせていただきました。 皆様からお預かりしましたラッピング代金は…