木のおもちゃ.jp内の商品を検索

クリスマス2019

キャッシュレス

スラックレール

日本の伝統玩具

家族でゲーム

外遊び特集

日本人作家のおもちゃ

アウトレット


営業日カレンダー

巣鴨本店・web店休業日定休日・臨時休業日
※メールの返信もお休みさせていただきます。

配送はお休み配送はお休み
※配送倉庫休業日のため発送業務はお休み・お問い合わせのみとなります。

創業20年を迎えた2019年7月より、新事務所に移転致しました。
今後も厳選された商品をお届けするべく、スタッフ一同励んでまいりますので、何卒宜しくお願い致します。
※巣鴨本店は、2019年6月27日をもちまして一時休店いたします。

        

木のおもちゃコンシェルジュ

おもちゃコンサルタントの資格を持つスタッフが、木のおもちゃ選びのお手伝いをいたします。
木のおもちゃのことなら何でもお気軽にご相談ください。

コンシェルジュスタッフ紹介

TEL:03-5906-5869

お問い合わせフォーム

木のおもちゃ.jp HOME > メーカー訪問記 > 2007年ケルナー社訪問記

ステッキ人形(ケルナースティック)の歴史

  • 以前のケルナー社ロゴ
  • かえるのクアック

ケルナースティックフィグーレン社と初期型の人形の復刻

ケルナースティック フィグーレン社は1919年に、ゲオルク・ケルナー氏によって飛行機や船の模型を作る会社として創立されました。1920年代の世界恐慌の中で木のパーツをジョイントする新しい部品で連結するステッキ人形(ケルナースティック)を発案し、特許を取得したものがベースとなっています。第二次世界大戦によって生産ラインが消えてしまいますが、2代目ケルナー(ヴォルフガング・ケルナー)氏によってプラスティックで生産・復活され、何十万というセットが販売されるようになりました。が、成功を収めたその工場は再び波乱の時代の中で国有の会社として取り上げられ、生産ラインから消えていきました。

現社長、3代目ケルナーのハンス・ゲオルク・ケルナー氏は、国際デザイン賞のレッド・ドット賞を受賞する斬新な大型遊具の生産をするデザイナーと知られ(日本では群馬県高崎市の観音山公園に3基設置されています)、ドイツやスイスを中心に活躍するアーティストでもありますが、祖父の創ったケルナースティックのクリエイティブかつ知育的な面に興味を持ち、1999年にケルナースティックフィグーレン社と初期型の人形、かえるのクアックを復刻させました。

可愛らしい工場へ見学

  • ハンス・ゲオルク・ケルナー氏と店主
  • スティックの足や腕になる丸棒をカット

テキパキと昔ながらの機械で生産しています

そんなケルナー社は、バッハの生誕地として、マルティン・ルターが新約聖書を翻訳したヴァルトブルク城(ユネスコ文化遺産)で有名なアイゼナッハ(Eisenach)にほど近い、ターバルス(Tabarz)という村にあります。2007年6月26日にアイゼナハ経由で向かいました。

可愛らしい2階建の工場の1階で、ケルナースティックは生まれ、2階はハンスさんの遊び部屋兼遊具の模型制作アトリエです。まずは1階から案内してもらいました。工場内は加工形成・塗装・梱包の3工程というシンプルな作りで、女性が多いのが目につきます。ザイフェンなどで見かける少数精鋭の家内制手工業スタイルに近いものがあり、スティックの足や腕になる丸棒をカットしたり、頭の差し込み部分を昔ながらの機械でテキパキと生産しています。

  • ドラム式の塗装
  • ドアやライトの上、工場のいたるところに・・・

見ているだけでも楽しい工場

研磨を終え仕上がったパーツは、ジーナ社など多くの工場で見られるドラム式の塗装(くじ引きに使う抽選器のような形状のドラムに、パーツと塗料を入れて撹拌する)の工程に入りますが、現在のケルナーではグレーのみ行っていて、殆どの色はエルツやバイエルンにある塗装専門工場にお願いしているそうです。

職人さんによる絵付け(顔)、乾燥の後、パーツごとにパレットにキレイに分けられます。 窓際の明るい日差しが入る部屋には、パーツが入ったパレットが整然と並んでおり、セット内容ごとに(この日はスタンダードとんがりTIMなどをセット中)最終検品しながらパーツを必要数、手で入れていきます。

ドアやライトの上、工場のいたるところにケルナースティックがいてセットにはないユニークな個体もいます。紐や革、フェルトといった素材以外にも、紙や長い棒、ペイントなど思い思いのパーツや加工がされていて、想像上の生き物など見ているだけでもワクワクします。

素敵なオフィスへ

  • 試作品の人形など

ハンスさんの人柄を表すようなユニークな事務所

そして2階のオフィス…と呼ぶよりは、子ども部屋に近いステキな空間へ。 30畳はあろうかとというスペースには、試作品の人形だけでなく、ハンスさんの彫刻や遊具の模型、乗用玩具など一見バラバラに見えるものが美しく配置してあります。破天荒でありながら一方でスタイリッシュなハンスさんの人柄そのもの! ドイツやスイスの公園や施設に設置されている(100ヶ所以上あるらしいです、はい)、遊具の実際の写真なども見せて頂きましたが、まるで美術館の野外展示のようなユニークかつ美しい遊具の数々は一見の価値有りです。